コンテンツ

POSTED

地域包括支援センターではたらくこと

地域包括支援センターではたらくこと

地域包括支援センターとは

域包括支援センターとは、介護保険法の改正に伴って2006年から創設された機関で、従来存在した介護支援センターが発展した形です。

できる限り慣れ親しんだ地域で生活ができるように、細かな支援をしていくことを目的として創設されました。

たとえば、要介護までには至らない要支援の高齢者や、現在は何とか自立していた生活を送っているものの、近い将来支援や介護が必要に なりそうな高齢者を対象に、介護予防ケアプランを作成することも地域包括支援センターの役割です。

地域包括支援センターの業務

地域包括支援センターの業務は大きく4つに分類できます。

①総合的な相談窓口機能

社会福祉士が中心となって、地域の高齢者の実態把握や、虐待への対応などの権利擁護を含みます。

②介護予防マネジメント

保健師を中心に、予防介護についての計画などを立てます。

③ケアマネジャーの支援

主任ケアマネジャーを配置し、民間ケアマネへの指導。助言、ネットワークづくりなどを行います。

④権利擁護

高齢者虐待への対応、悪質な訪問販売等による消費者被害の防止、成年後見制度の活用などを行います。

PickUp 転職サイト

ページの先頭へ