コンテンツ

POSTED

ケアマネジャーの仕事を知る

ケアマネジャーの仕事を知る

ケアマネジャーって?

ケアマネジャーとは、介護をトータルでコーディネイトする専門家で、介護支援専門員とも呼ばれています。

介護を必要とする人や、その家族からの相談に応じ、本人の希望や心身の状況に応じて、その人にとってどのような介護が最もよいのかを考え、 ケアプランを作成します。

利用者一人ひとりにあった介護サービスを提供できるかどうかは、ケアマネジャーにかかっており、重大な責任とやりがいのある職種だといえます。

ケアマネジャーって何するの?

ケアマネジャーの仕事には大きく5つの分類があります。

①訪問調査

介護される人や、その家族からの相談を受けたり助言を行ったりします。業務は市区町村からの委託があった場合に行われます。

②課題分析とケアプラ原案作成

介護サービスを利用する人と面談をして、どこに課題があるのかを明確にし、ケアプランの原案を作ります。 ケアプランとは、ニーズに基づいて支援の方針と目標を立て、それに対応するサービス内容や種類、階数、提供事業者などを決めたものです。

③ケアプランの作成

必要サービスを組み合わせ、具体的な実施時間や内容、回数の計画を立てます。利用者にサービスの内容を説明し、 ケアプランの同意を得ることも含まれます。

④サービス調査とモニタリング

ケアプランに基づいたサービスが実施されるように、サービス事業者との連絡調整や状況を把握します。

⑤給付管理

1ヶ月ごとに実際にかかった費用や利用者の負担分を計算して、管理業を作成します。

ケアマネジャーの職場って?

自宅で高齢者を介護する人たちを支援する地域包括支援センターや、施設で介護する介護老人保健施設、 デイサービスなどが主な職場です。

PickUp 転職サイト

ページの先頭へ