コンテンツ

POSTED

グループホームではたらくこと

グループホームではたらくこと

グループホームはこんな施設

グループホームでは、認知症の高齢者5~9人を単位として、共同生活をする施設です。

少人数で生活を行うことで、より細かくケアができまた家庭的な生活を行うことで認知症の進行が穏やかになるともいわれています。

日本では1997年に法律が整備され、介護保険の中では施設サービスではなく、住宅サービスという分類になっています。

グループホームで働く時に求めらえるもの

グループホームは先ほどもお伝えしたように生活の場です。それゆえスタッフは入居者の生活のサポートをする立場なので、 入居者と一緒に台所に立ったり、掃除を手助けしたりする必要もあります。

24時間体制で入居者のサポートを行うので、夜勤や日勤、早番、遅番など複数のシフトが存在します。少人数の入居者のサポートを するため、スタッフの数もほかの施設形態よりも少なくなります。

良く言えばアットホームな環境といえますが、入居者とのコミュニケーション、他スタッフとのコミュニケーションが苦手な方は 難しい可能性もあります。

グループホームで働いている職員

管理者、事務員、生活相談員、介護支援専門員、介護スタッフ、介助スタッフ、看護師、栄養士等

PickUp 転職サイト

ページの先頭へ